工事担任者DD第1種合格.comtop

HOME

工事担任者DD第1種合格.com6.電流と磁界

ここでは、細かい説明まではしていませんが、方程式などを覚えられるようにまとめてみました。噛み砕いて表現、解釈していますので、自己責任で参考にして下さい。


スポンサード リンク


●磁界

磁界とは、磁気力がはたらく空間のことで、磁界内に磁気量が1[Wb(ウェーバ)]の正磁極(+1Wb)を置いたとき、それにはたらく力と方向でその点の磁界の強さを表しています。

●磁力線

磁力線とは、磁石の外部にできる磁界の様子を表すもので、N極からS極に入ります。

磁極の大きさと同じ数の線が発生するとしたものを磁束といいます。磁石の外部では、N極からS極に向かい、磁石の内部では、S極からN極に向かいます。また、磁束に垂直な単位面積(1m2)当たりの磁束の数を

磁束密度 B[T](テスラ)といいます。

●右ねじの法則

磁界の大きさHは、H=I/2π(パイ)r[A/m]で表し、アンペアの法則といいます。

右ねじの法則とは、磁界の方向は、右ねじの進む方向に電流が流れているとすると、ねじの回転方向になる。

●磁気回路

起磁力Fm=N・I[A]

磁気抵抗Rm=l/μ・S[A]

μは透磁率といい、物質内の磁束密度と磁界の大きさの比を表します。透磁率が大きい物体を強磁性体といいます。

●コイルと磁界

導線をらせん状に巻いたものをコイルといいます。コイルを密接させて筒状にしたものをソレノイドコイルといいます。コイルに電流を流すと磁石と同じ役割となり、電磁石といいます。

●フレミングの左手の法則

磁界、電流、電磁力の向きを左手で示したもの。

工事担任者DD第1種合格.com

●鉄の磁化と磁化曲線

工事担任者DD第1種合格.com

●磁化エネルギー

磁化エネルギーとは、磁性体が磁化されたときに、その物質に蓄えられるエネルギーのこと。

スポンサード リンク


ページの最初に戻る
inserted by FC2 system